マレーシアでの習い事

マレーシアでの生活

久しぶりの投稿になってしまいましたが、今回は、マレーシアでの習い事について少し紹介したいと思います。

音楽関係

マレーシアにも日本同様に音楽教室が沢山あります。

YAMAHAなどの大手の音楽教室から、より規模の小さい個人の先生が自宅で教えている場所もあります。YAMAHAの教室はモール内にあることも多く、見つけやすいですが、小規模の音楽教室はさまざまな場所に点在しており、自宅の近くでも見つけることができます。ピアノだけでなく、バイオリンなど他の楽器も学べる場所が多いようです。

ちなみに、私たちは地元の個人の先生にピアノを教えていただいています。その先生はコンペティションやABRSM EXAMS(英国王立音楽検定)等にも対応してくれています。

スポーツ関係

マレーシアでは水泳やテニスなど、個人の先生を呼んで行うケースが多いです。もちろん、外部のスクールもありますが、価格は日本とほぼ同程度だと感じます。

我が家は、乗馬を習っているのですが、これは日本と比べるとかなり安く習うことが出来ています。ただし、クラスの時間帯によっては雷雨ばっかりだったり、暑かったりで、早朝に習うのが一番天候が安定している気がします。

他にはサッカーやバトミントン、バレエやダンスや体操なども人気です。我が家の近くには、テコンドーやフェンシングの教室もあります。

マレーシアには公文の教室があるので通っている子も多くいます。日本語を習うのではなく、算数や英語を習うのに通っている子が多いように思います。

他には、家庭教師を頼んでいる方も多いですし、塾に通っている子も多くいます。我が家は、基本的には学校が開催してくれる補習クラスにお世話になっていますが、長女はオンラインで数学と英語の家庭教師を、次女は数学と理科は塾に通って英語はオンライン、長男はオンラインのみ、とそれぞれです。料金については本当に様々で、もちろん日系や韓国系などの塾に通うと、かなり高額になります。一時期日本の塾のオンライン授業を受けていたことがあるのですが、それに比べるとローカルの先生のオンラインクラスは安く受けることが出来ています。

日本の勉強に対応している塾となると、早稲田アカデミーや駿台の様な大手からもう少し規模の小さな塾がいくつかあります。塾に通わなくても、スマイルゼミや進研ゼミ、Z会などのタブレットで日本の勉強を続けることもできます。

マレーシアにもそろばん教室が

日本人学校のそばに、日本人の先生が教えてくださる、そろばん教室があります。

我が家が通っている学校では、Year1から掛け算が始まりますが、学校では九九をしっかりと覚えることがないのでかなり次男の計算力に不安があり、お世話になることにしました。

日本の学校の雰囲気も少し味わいながら、とても楽しく通っています。

プログラミング教室

子供たちは学校のICTの授業でもかなり様々な事を学んでいるようですが、プログラミング教室も多く見かけます。ロボティクスから本格的にコーディングを学べるクラスまでありますが、日本に比べるとこれも同じくらいか、クラスによっては安く学べる気がします。

ちなみに我が家が通っている教室は、グループレッスンで1時間半のクラスが1回50リンギットです。

まとめ

我が家はマレーシアに来てから、学校にも慣れ、英語も理解できるようになってきたことから、様々な習い事にもチャレンジできるようになりました。さまざまな習い事があるので、ぜひ色々と探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました